故人の私物

遺品整理は、遺族の方の心の整理でもあります。自分達だけでやるからといつまでもやらず、故人宅を放置したままでは、近隣住民の迷惑になる事も考えられますので、遺族間で良く話し合い、出来るだけ早く遺品整理専門業者に依頼しましょう。

お墓の掃除

お彼岸には、お墓参りをするという目的もありますが、お墓を綺麗にし、新たな花やお供え物をするという目的もあります。また、お墓掃除の際は、水洗いを心がけましょう。業者に依頼することも可能です。

遺品整理をする

遺品聖地は業者が行なってくれますが、あくまでも業者はサポートする側なので遺品整理をする際は、依頼者本人の判断で行ないます。捨てるものと残しておきたいものは予め分けておくと最適です。

葬儀について

このページでは葬儀の手順を実際に葬儀を行なった人の体験談から紹介しています。その際の注意点や火葬の際の様子、遺言書の読み合わせなども記載しています。参考にすると最適です。

老前整理とは

まだ元気なうちに自ら荷物や想い出を整理することを老前整理といいます。亡くなってから行なう遺品整理では家族に迷惑をかけてしまう上、自分が残して欲しいものも捨てられてしまう危険性があります。

信頼できる業者に


遺品整理業者は近年急速に増えているため、どの業者に依頼するべきか頭を悩ませる遺族も多いものです。業者を選ぶ際に欠かせないのが業者の対応レベルです。大切な方の遺品を任せるのですから、適切に対応してくれる業者・スタッフに依頼したいものです。 スタッフの専門性を見るひとつの目安として、資格の有無が挙げられます。遺品整理には遺品整理士という認定資格があります。遺品の取り扱いや対応手順に関する知識・処分や売却に関する法的知識・遺品を取り扱う上でのモラルなど、遺品整理業に携わる際に必要なあらゆる知識を備えた専門スタッフが遺品整理士です。この資格を持つスタッフは一定レベル以上の対応が期待できるため、業者を選ぶ際の大きな目安となります。

遺品整理を依頼する際は、信頼できる業者に依頼することも重要ですが、あらかじめ故人の品々をどのように整理したいのか分類しておくことも重要です。この整理の方法によって遺品整理の費用に差が出ます。できるだけ要望を正確に伝えることで、より正確な見積もりを取得することができますし、想定外の請求も避けられます。 まず遺品にはいくつかの種類があります。現金や貴金属類など直接的な資産・家具や家電製品・手帳や写真など思い出の品・布団や衣類・食品類がその代表的な例です。これらを手元に残すもの・処分するもの・売却するものに分類する必要があります。なお、処分や売却は許認可を受けた業者でしか対応できませんので、予め注意も必要です。


メニュー

ピックアップ

    オススメリンク

  • 遺品整理プログレス

    生前整理をしておけば、コンパクトな生活をおくれます。どんなことをすればいいのかわからないならこちらまで相談を!